無料
エロ
動画

淫声ブログ

熟女のえげつないあえぎ声、昔の盗聴カセットテープ音源、音声合成淫語朗読などを公開しています。(18禁)

芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 17

※すべてフィクションでやんす。
実在する個人・団体とは、一切関係ござらん。





♪音声合成淫語朗読 芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 17
   2006年チンマン・スキャンダル総括 2-1(7分45秒)



今年の芸能界は、結婚ラッシュだったわ。
最後にゃ、藤W紀香までもが
お笑いチンポ男と婚約しちゃうし・・・。
もしかすると、陣内T則、ものスゲぇ〜ちんちんを持っているのかもね。
長さ20cm、亀頭のカリ部分が凄く高くて、
エラが張ってるスーパー・コブラ・チンポ。
しかも、ハードに使い込んで、
女の濡れベッチョ液に汚れまみれたせいで、
メラニン色素が沈着しまくった黒光りブラック・ペニス。
自分の黒メコよりもっと黒いちんちんに、思わず、紀香もうっとり・・・。
だって、今までオマンコした男たちって、普通のチンポ・カラーだったので、
生殖器結合部分に目をやると、ドドメ色のグロテスクなマンチョビラが、
肌色チンポ竿に絡みついて、紀香、凄く恥ずかしかったの・・・。
だから、陣内の黒チンポに巡り逢えて、今は幸せ。
あえて、明るい部屋でオマンコして、
自ら「ほら見て見て・・・、チンポ入ってるぅ〜」と、
黒いオメコと黒いマラが、ヌッチョリとハメハメ交尾結合している部分を
陣内にわざと見せつけたりして喜んでいる、
変態スケベ関西熟女、藤W紀香。


それから、紀香と言えば、ハメハメ中にオメコから
糊みたいなドロドロ白濁粘液、いわゆる、【女の精液】を
大量に漏らし出すことでも有名。
男が、ザーメンを定期的に抜き出さないと、キンタマに液が溜まるように、
紀香もセックスがご無沙汰すると、
オメコ内部に、トロロ芋みたいな、精液みたいな、
ドロっとして生臭い変態コロイド溶液が溜まっちゃうの。
AVなんかで、見たことがあるでしょう?
男優に交尾ファック・ピストンされている最中、
チンポとマンコの粘膜の隙間から、もう尻の穴を通り越すくらい大量
白濁粘液を垂れ漏らしている恥ずかしい本気女優・・・。

ちなみに、女優の杉田かOるや、国会議員の野D聖子なんかも同じ体質。
男日照りが続くと、マンチョの中身に、濃厚でクセぇ〜【女のザーメン】、
マンコ発酵ヨーグルトがたっぷり溜まっちゃって、
久しぶりに、男にチンポをぶち込まれると、
もう、ドロドロどろどろ、次から次へと、
【女の精液】を垂れ漏らし出しちゃう。
ヘタすると、男が射精するチンポ・カルピス液の、
なんと10倍近くの量のクッセぇ〜マンコ・ヨーグルトを出る出るさせて、
ハメハメ終了時に、それが乾燥しちゃって、
ケツや太ももの周辺が、粉を吹いていることも・・・。




そんな女には、陣内みたいな巨根カリ高コブラ・チンポがピッタリ。
マンコの中身にたっぷり溜まった、
もしくは、リアルタイムで膣壁から出る出る溢れ出る、
生臭ぇ〜紀香のセックスヨーグルトを、
エラの張ったカリで掻き出してもらうの。
オメコをチン棒でピストンしてお掃除してもらうの。
きっと紀香、理想的なコブラ型ロング・チンポに出会えて、
「これで、うちのオメコ、一生お掃除してもらえる」と、
結婚を決めたのかもね・・・。

それにしても、お笑いチンポ野郎は、結構持てるわ・・・。
美人タレントが、お笑いチンポと、ホイホイ結婚しちゃう。
カッコつけてるだけの、チンポが小さい二枚目俳優なんかと違って、
セックスが、もの凄く上手なのかもね・・・。

陣内も紀香と“初メコ”したとき、
「このチャンスを逃したら、2度とこんないい女とはオメコでけへん・・・」
と大ハッスルしちゃって、紀香の使い込んだ黒濡れメコ、
洗っていない不潔な肛門アヌス、
メスの発情フェロモンがモワ〜っと漂う生臭い腋の下、
酸ぅ〜い匂いの足の指の間
まで、全身を舐め上げ、
紀香の身も心もオメコも、もうトロトロ状態・・・。
これまでもケツの穴を舐める男はいたけど、
ムレムレの足の指の間まで舐めしゃぶった男は、陣内が初めて。
いざ、チンポを突っ込めば、20cmを超すコブラ型ちんちん・・・。
紀香のドロドロ白濁メコ汁を、
ぜ〜んぶ掻き出してお掃除してくれるの。

しかも、陣内の野郎、
「俺は今、あの天下の藤W紀香とオメコしてる・・・。
もう、紀香は俺のもんや!」と、オスとしての征服欲が涌いてきて、
バックからチンポを抜き差ししている最中、
調子に乗っちゃって、紀香のデカいケツを、
思わず、パシパシ引っ叩いちゃったのよ。
それから、尻の肉をわし掴みして、陶芸家が粘土をコネるように、
ムニュムニュムニュと激しく揉みコネまくり、
さらには、ケツの肉をガバっと割り開き
お出ましになった紫色の肛門アナルに、
3cmくらい指を突っ込んで匂いを嗅いだり・・・。
あの藤W紀香様に、無礼極まりない下品な交尾をやりたい放題・・・。

でも、逆に、それがよかったのよ。
今までの男は、彼女に遠慮して、
とてもケツを叩いたりしてくれなかったの。
だから、生まれて初めて、言わば商売道具である
大切な尻の肉を叩かれたり、揉みコネられたりして、
異常なほど興奮して、
「ヒ〜ィ!堪忍して!アカン!もうたまらん!
うちイッてまう!イクイクイクイクぅ〜〜!」と、
涙を流しながら喜び達しまくる35歳のドスケベ関西熟女、藤W紀香。

ところで、みんなが心配していることが、1つあるんだけど・・・。
なんと、陣内より紀香のほうが3cmも背が高いの。
女のほうが背が高くて、オマンコするとき大変なんじゃないかって、
余計なことを考えちゃう・・・。
バックからアレするとき、チンマンの高さが合わず
ハメにくいのでは・・・な〜んて、いやらしい心配をしちゃう。

でも大丈夫。ああ見えても、紀香は優しい女なの。
って言うか、これまでも、自分より背が低い男と
何人もオマンコしてる
から、もう慣れっこよ。
男がチン入れしやすいように協力するの。
スケベぇ〜な協力をしちゃうの・・・。









♪音声合成淫語朗読 芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 17
   2006年チンマン・スキャンダル総括 2-2(8分16秒)



例えば、バックから犬の交尾のようなスタイルでハメッチョするときは、
陣内のチンポの位置に、自分のセックス穴がピッタリ来るように、
腰を落として、チンメコの高さを調整するの。

それから、69チンポマンコ・ナメナメ遊びをするときは、
陣内の上に乗っかって、まず、チンポをパクっと咥えて
自分の頭の位置を固定し、その次に、背中を丸めて、
彼の口元にオメコの生肉が命中するように押しつけちゃうの。
でも時々、感じすぎた紀香の背中が、思わず仰け反っちゃって、
マンコが陣内の口から外れるハプニングも・・・。
そんな時は、「ごめんな〜」、と謝りながら、
再び、男の口元にポイントが合うように、
背中を丸めて、黒あわびを押しつけちゃうエロ紀香。

それにしても、あの藤W紀香が、一体どんなスケベなツラして、
チンポマンコ位置の卑猥な調整作業をやっちゃうのか・・・。
そのえげつない姿・顔を拝めるのは、世界中で陣内ただ1人ってわけ。
結婚って素晴らしいわ〜。

結婚と言えば、今年は、デキちゃった結婚のカップルが
少なかったみたい。
毎年、2〜3組は、マンコにチンポ液をピュッピュと中出しして
受精してしまい
、そのまま結婚する芸能カップルがいるもんだけど、
今年は、吉岡M穂くらいだったかな・・・?

そのお相手が、IザMとかヌカす、得体の知れない例のカマ野郎よ。
オカマ・キャラで接近して、女が油断して気を許したところで、
ヌッと生チンポを突っ込む、とんでもないスケベ男なの。
IザMと言えば、吉Kひなのちゃんと結婚して、
彼女の可憐な処女メコを奪い、すぐに離婚した極悪非道な野郎よ。

どうやら、IザMの野郎、スゲぇ〜巨根らしいの。
オカマを装っているけど、実際はガッチリした大男で、
当然、チンポもビッグ・サイズ。
それが、いきなり、ひなのちゃんのプリティーな処女マンコに
ぶち込まれたから大変・・・。
もう、マンコの薄皮が破れそうなほどキツくて、
デカマラの先っちょのカメの部分を入れるのがやっと・・・。

しょうがないから、毎晩毎晩、2〜3ミリずつ、
チンポ挿入の練習をしたんだけど、結局、離婚するまでに、
チンポの根元までハメ込みセット完了できなかったの。
おかげで、IザMのデカいキンタマの中に、
エロ・ザーメンが溜まりっぱなし・・・。
「夫のスペルマを抜き出すのは、妻の役目」ということで、
ひなのちゃん、IザMのデカマラに尺八を吹きまくったの。
可愛い顔して、巨ちんちんをパクっと頬張っちゃうの。
でも、デカすぎて、アゴが外れそうになったことも・・・。





吉O美穂の場合、元レース・クイーンで、“ガタイ”もいいし、
ケツの穴で肉棒接待=肛門アナル・セックスもできるみたいだから、
IザMの巨チンポも、マンコ穴でペロっと完食しちゃう。
自慢のデカマラを根元まで、とろけるようなマンコ粘膜で包み込まれて、
IザMも、「こりゃたまらん・・・」と大ハッスル。
吉O美穂も、凄いデカちんちんでマンコのラスト部分を突き上げられて、
もう訳が分かんなくなっちゃって、
「出してミホ!射精してミホ!」と、
思わず、【禁断の中出しおねだり】をしちゃって、
あとは、ピュッピュピュッピュ!ドピュピュッピュ!と、
チンポ・カルピスをマンコ内臓に放出し放題・・・。

まあ、赤ちゃんができるのは、おめでたいことだから・・・。
と思ったけど、やっぱりダメよ!
芸能人の生チンポマンコ・セックスは、いやらしすぎてダメ。
ウブな青少年に悪影響を与えちゃう。 、
かつて、あの大女優の吉永小Y合は、若い頃、
『股間に何もついていない。クソもしょんべんもしない。』って
言われたほどなの。
それほど、世の男にとって絶対的な憧れの存在、
汚されざるべき永遠の清純派アイドルだったの。
それが、今の女性タレントはどうよ。
クソ・しょんべんはもちろん、平気でオマンコしちゃう
男とすぐにオマンコしちゃうの。
しかも、生チンポと生マンコでハメ狂って、妊娠して結婚・引退という、
所属事務所が怒り狂う最悪のパターンばっかり・・・。

事務所も事務所よ。女どもに電動チンポバイブを支給して、
これで性欲を処理するように!
絶対に生チンポでオマンコするな!」と教育しなきゃダメ。
何せ、1年中ド発情して、常にマンコから交尾液を
垂れ漏らしているようなスケベ娘だらけだから、
高性能電動ちんちんを買い与えて、自らマンコを電気あんまして、
マンズリ性欲処理するよう指導しておく必要があるの。
そうしないと、マンコが疼いて、カッコいい男を見ると、
すぐに股を開いちゃう・・・。

でも、結婚してしばらく経ってから子供を製造する芸能カップルも、
考えようによっては、もの凄くいやらしいの。
例えば、松嶋菜N子とS町の場合とか・・・。
しっかり、仕事のスケジュールを調整してから、
ナマでアレするの。生チンポマンコ交尾に励むの。
まず菜N子が、反町にセックス、およびセンズリ禁止命令を出して、
キンタマの中に妊娠用濃厚ザーメンを貯蔵させるの。
そして、いざ生交尾して、菜N子のはらわたの奥に
ドクドク・ドクドク子種汁を注入してもらうの。
受精目的で、夫の愛のチンポミルクをマン奥にドクドクと
注ぎ込まれる瞬間の松嶋菜N子の表情・・・。見てみたいと思わない?

と言うわけで、2006年チンマン総括とか言いながら、
全然関係ない話ばっかりしちゃったみたい・・・。
ほんとは、沢尻エRカの最強ヤリマン伝説とか、
女子アナたちの乱れたオマンコ事情、
ミス慶応のAV出演疑惑なんかも取り上げたかったけど・・・。

そうそう、広末R子も、例の極太チンポの旦那と、
とうとう別居したらしいの。
やはり、太っといちんちんだけでは、結婚生活は無理よ。
来年早々、広末のチンポマンコ離婚のスクープが来そうな予感。
そうなったら、もちろん、このコーナーで取り上げちゃう!
太〜いチンポがもの凄く好きな、【巨根マニア・広末】
いやらしい正体を徹底的に暴いちゃう・・・。







芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 16

※すべてフィクションでやんす。
実在する個人・団体とは、一切関係ござらん。






♪音声合成淫語朗読 芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 16
   2006年チンマン・スキャンダル総括 1(8分26秒)



今年も、芸能界はチンポマンコス・キャンダルが大発生だったわ。
例年より、チンマン・ネタが多かったみたい・・・。
と言うわけで、年末スペシャル、
2006年度【芸能界のクセぇ〜汁の匂い】
チンポマンコ総括祭りをやっちゃう!

とりあえず、最近のネタから―――。

まず、過去にオマンコした男どもを、実名公表するという、
とんでもない暴露本を出しやがった、あの石原真R子から行くわよ。
芸能人10人以上とオマンコするチンポ好きスケベ女優、石原真R子。
男と目が合っただけで発情して、使い込んだブラック・オメコから、
濃厚交尾汁をドロっと漏らし、簡単に股を開いて
アレをやらせてくれる、芸能界の精液放出用肉便器、
42歳のハード・ヤリマン
、石原真R子・・・。

今回、告白した芸能人だけでも、なんと14人ほど。
と言うことは、きっとその数倍の数の素人チンポ男とも、
オマンコやりまくっているはず・・・。
私の予想では、セックス・デビューしてから、
50人以上とオマンコしているはずだわ・・・。
50本のチンポをマンコにハメ入れたの。
その中には、白人男の白い巨チンポも何本かあるはずよ。
例の国際売春婦、K姉妹も驚いちゃうほどの、
グローバルなチンポマンコ遍歴、ハード・ヤリマン・ライフ・・・。

実は、私、例の『ふぞろいな、ナンとか』と言う本、
まだ読んでないのよ。
だって、本を買うと、印税があの女に入っちゃうでしょう?
それが腹立つの・・・。
そう言えばあの女、以前、ヘアヌード写真集も
出したことがあるのよね。
すでにマン毛を出してるの。マン毛を見せてるの。
マンコの卑猥な毛を、世の中に晒しまくっちゃってるの。
ケツの穴にまでモジャモジャ生えた、
えげつない剛毛マンチョ・ヘアー
を世の男どもに見せつけて、
金儲けしちゃってるの。

だから、もう今度は、出すものがなかったのよ。
42歳と言えば、もはや、
マン毛に白髪が混じっている可能性もあるし・・・。
かと言って、まさかオマンコ・モロ写しの写真集を
出すわけにはいかないしね。
ハードに使い込んだ淫水焼け黒ハマグリを見せても、
喜ぶのは熟女マニアだけだし・・・。
それなら、いっそのこと、ケツの穴を出せばよかったのにね。
【石原真R子42歳、熟女肛門写真集】、
【Mariko Ishihara・アナル・フォト・エッセー】
とか・・・。
ついでに、クソをヒリ出すシーンなんかも写したりして・・・。

でも、結局、写真集じゃなくて、自らのチンポ遍歴を綴った、
えげつないポルノ小説もどきを出したの。
だけど、オマンコでメシ食ってることには違いないわ。
女優とか何とかヌカしているけど、冷静に考えると、
ここ数年、ろくに仕事をやってないから、
結局、金がないのよ・・・、金が。
だから、オマンコでメシを食うの。
自らのヤリマン話で金を稼ぐしか、残された道がないの。





ところで、彼女がオマンコした男たちって、
みんな、妙にチンポがデカそうに見えない?
もしかすると、石原真R子、巨根マニアかも知れないわ・・・。
大きなちんちん、太っといマラ、長〜いチンポコに目がないの。
女の感じるハラワタ部分を突き上げてくれるような、
20cm砲ロング・ペニス・・・、オマンコし終わったあと、
マンちゃんがヒリヒリしそうなほどの、
極太巨根チンポがたまらなく好きなの。
並みのサイズのチンポコでは、オメコが満足できないの・・・。

巨根マニアと言えば、広末R子や松D聖子も有名。
彼女たちも、ちんちんが太い男がもの凄く好きなの。
実際、極太チンポの男と結婚したしね。
近寄ってくる男のチンポ・サイズが、凄く気になって、
生チンポを直に見たくて見たくてしょうがないの。
それで、すぐに股を開いて、チンポを入れさせてくれるってわけ。
とりあえず『即ハメ』して、マンコの肉穴でチンポ・サイズを測るの。

きっと、石原真R子のマンコ貝、凄く大きな『巨マン』なのよ。
あの顔を見てると、マンコがもの凄く大きそうな感じがするでしょう?
小陰唇のビラビラが縦長の、えげつないほどに長いマンコを、
股の間に隠し持ってて、いつでも、獲物となる男のちんちん肉を
パクっと丸飲みできるように、ワレメ肉をパクパクさせながら、
クセぇ〜ヌルヌルの【スペシャル真R子粘液】を分泌してるの。

ところで、彼女のマンコに一番ピッタリとフィットしたチンポ男は、
あのK川晃司だったらしいわ。
つまり、オマンコした男の中で、K川のチンポが、
一番のデカマラだったってこと。
なんでも彼女、K川と結婚まで考えたらしいの・・・。
ちんちんの大きさで、その男と結婚までをも考えちゃう、
典型的な巨根マニア女の証拠。
女は、太っといチンポで永遠にオマンコされたいと思うものなの。

石原真R子の変態おばけ巨マンコに、
すき間なくチンポ肉がビッシリ納まって、
さらに、マンコの奥のハラワタ部分をグイグイ押し上げられて、
豆アクメだけではなく、死ぬほど気持ちがいいマンコ内臓絶頂まで
楽しませてくれる、素敵なデカチンポ野郎。
K川の現在のオマンコ彼女、天海Y希も、このデカチンポの虜。
女は、一度、極太チンポでオマンコされると、
もう、そのチンポ無しでは生きて行けない、
いやらしい体になっちゃうの・・・。

さて、その後、スケベ真理子、さらなるデカちんちんを探し求めて、
アメリカに行っちゃうわけ。
日本だと、オマンコするたびにマスコミがうるさいから、
もっと自由にチンポマンコ・コミュニケーションを楽しみたくて、
渡米しちゃったの。
しばらくは、アメリカ人のデカチンポに大満足で、
一度、結婚なんかもしたんだけど、
やはり、日本男児の硬〜い“ウタマロ・チンポ”の味が忘れられず、
再び、帰国なさったというわけ。
日本中のチンポから、新鮮スペルマを絞り抜き取り出すために、
42歳の精液放出用肉便器女優が帰ってきちゃったの。

最近の彼女の写真を見たら、男の精をたっぷり吸い取った女特有の、
ある種の『妖気』みたいなものが漂っている感じがしたわ・・・。
帰国後、早速、数人の男とオマンコして
ジャパニーズ・チンポから、濃厚な精エネルギーを
吸い取りまくった証拠よ・・・。






芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 15

※すべてフィクションでやんす。
実在する個人・団体とは、一切関係ござらん。





♪音声合成淫語朗読 芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 15
   モナ汁、女子アナの肉アナ ファイナル その1(8分15秒)



ほ〜ら、マンコの穴が、再びちんちんをウニョウニョと
接待しはじめちゃう。
と同時に、オマンコ・パ〜の夢うつつ状態だったモナが、
意識を取り戻しちゃったの。
あれほど激しく気をやりまくって、プチ気絶してたのに、
ちょっとばかし豆をコリッチョしただけで、すぐに復活する、
オマンコゾンビ、モナ・・・。

自分ばっかり気持ちよくなって、ごめんなさい・・・。
今度は私がしてあげる・・・」と、
風俗嬢のようなことをヌカしながら、男の体に乗ってきたの。
男の体の上に乗っかってオマンコするの。
和式便所でクソする時の格好で、チンメコを擦り合わせて楽しむの。
国会議員の先生にまたがって、モナのほうが動いて
マンコ穴をスライドさせて、おファックしちゃうの・・・。

図々しい30女を上に乗っけたら、もう大変。
「今度は私がしてあげる」、とか言ってたくせに、
実際は、自分だけ気持ちよくなるの。
自分で腰の動きをコントロールできるもんだから、
チンポを抜き差しするスピード・角度も思いのまま。
国会議員のロングちんちんで、マンチョ穴の中のドロドロ成分を
お掃除してもらうかのように、長〜い“マン距離”を、
高速で出し入れピストンしたり、
マン内の感じるポイントに、チンポコマラがヒットすると、
そこに集中的にあたるように、チンポ・ピストン角度を調整したり、
果ては、長チンポに腰を深く沈めて、
女の感じる“はらわた部分”を、チン圧で押し上げてもらいながら、
ついでに、えげつないセックス巨豆を、男の恥骨にグリグリ押しつけ、
石臼を挽くように、腰をグルんグルん回転させたり揺すったり・・・。
典型的な熟女ババァの、図々しい交尾セックス行動。
30女のモナも、立派な熟女ってこと。
チン入れ歴10年以上のオマンコ・ババァなの・・・。

さっきまで、ちょっぴり余裕をかましていたエロ議員、
またもやピンチ・・・。
マンコ粘膜穴そのものをスライド移動させる必殺ファック技で、
チンポを擦りしごかれ、きんたまカルピスが、
再びチン先まで昇ってきて、ドピュっちゃいそうな感じ・・・。

「こりゃいかん!このままモナの好き勝手に腰を使わせたら、
ドピュ漏れ射精しちゃって、恥をかいてしまう・・・。」
国会議員としての、いや、男としてのプライドがムクムク甦ってくるの。
チンポを貪り味わっている暴れ馬ロデオ状態のモナの腰をグイっと掴み、
下からチンポを突き上げて、わがままマンコにお仕置きファックするの。
ところが、男のチンポの動きに、逆に大喜びしちゃう、
底無し沼のようなオマンコ女・・・。
下からのチンポ突き上げ攻撃のリズムに合わせて、
モナも、マンコ穴&マンコ奥のラストを、チン先にアタックさせて、
より一層激しく、女のハラワタを愛してもらおうと企む貪欲ぶり。
デカくて深〜い変態おばけマンコの持ち主のモナだから喜ぶの。

実は、モナのマンコ内臓に打ち付けるたびに、
チンポのほうが痛いの・・・。
凄いチン圧がかかって、陰茎チンポのほうがダメージを受けちゃう。
チンポ捻挫(ねんざ)起こしそう・・・。
モナのほうは、相変わらず「うぎょっ!ゲゴっ!ウガっ!ウオっ!と、
カエルが鳴くような奇声を発しながら、
強烈なオマンコ・ポルチオ快楽を味わっているみたいだけど・・・。

でも、この“チンポ痛”のおかげで、射精寸前のリビドー状態だったのが、
あとちょっと長持ちしそうな感じ・・・。
チンポが痛くて、射精どころじゃないの。
とにかく、チンポマンコ交尾作業は、
男がピュッピュと汁を出したら終りだから、
チンポが長持ちするに越したことはないわ・・・。

もう、モナの全身からは、熟女がオマンコしている時特有の、
酸ぅ〜い匂いの脂汗が噴き出して、首筋から腹にかけて、
オイルを塗ったようにテッカテカ。
さっき、マンコ・オルガした時に、濃い〜絶頂脂汗が、
ドバっと噴き出たみたい・・・。
もちろん、顔面にも脂汗が分泌しまくって、
ニスを塗ったみたいに卑猥に照り輝いてるの。
テカりを抑えるファンデーションを塗っているというのに、そ
の化粧成分の層を突き破って、モナの体内から、
メスのセックス脂が浮き出てくるの。本番女体オイルなの。

それが、男の体にまで滴り落ちてきて、
気持ち悪いったらありゃしない。
酸っぱい匂いだけならいいんだけど、なんだか、
豚骨ラーメンのような臭みも、ちょっぴり・・・。
美人のくせに、えげつないケモノ臭のする特殊な脂汗を
体から噴き出す変態女、モナ。

さらに、マンチョが気持ちよすぎて、時々、女体がダウンして、
国会議員の体の上に覆い被さってきて、
顔の近くでハアハアと喘ぐんだけど、
モナの口と息、超生臭いの。口がクセぇ〜の。
どんな美人の女でも、オマンコに夢中になってハアハア喘ぐと、
口がスゲぇ〜生臭くなるの・・・。

チンメコ結合部分に目をやると、マンコの中からドロドロ漏れ出た、
モナの『女の精液・女のザーメン』、濃厚モナ汁が、
チンポはもちろん、チン毛やキンタマまで、
ベ〜ットリと濡らし汚しているの。
クセぇ〜女のスペルマを“射精”して男の体を汚す、
変態バカ女、モナ。

自分から女を誘って、チン入れ交尾をやってるくせに、 、
「なんで、この俺様が、こんなクセぇ〜女とオマンコしてるんだ!?」
と、だんだん腹が立ってくる、威張り腐った国会議員のバカ。
男って、勝手な生き物よ・・・。
そして、怒りを込めた、強烈ハード・チンポ・ピストンをカマすの。
自慢のデカマラを、まるでバカにするかのように、
マンコのチン食べ穴に丸飲みされたことへの復讐、
そして、クセぇ〜マンコ汁で、チンポやキンタマを汚された、
怒りのチンポ・ファック攻撃よ。

と言っても、さっきみたいに下からちんちんを突き上げると、
スケベ・モナが、またそのタイミングでハメ腰を使って、
逆に、チンポを味わっちゃうといけないので、
今度は、あらかじめモナ・マンコの奥深くに
チンポを根元までセットして、腰を掴み、
前後左右に揺さぶってやったの。
チンポをハメ込んだまま、モナのデカい尻と腰を
強制的に揺らしまくるの・・・。








♪音声合成淫語朗読 芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 15
   モナ汁、女子アナの肉アナ ファイナル その2(8分17秒)



30女が、マンコの奥をチンカメでグリグリと刺激され、
えげつない巨豆を、男の恥骨で押しつぶされるように
コリコリとしごかれると、あっという間に達しちゃう。
すぐに気をやっちゃうの。
国会議員の体の上で、遠慮なくイクイクしちゃう図々しい女なの。

この時、イキ顔、絶頂づらを、男にバッチリと見られちゃう30女。
このイクイク顔が、これまた異常なほどにえげつないの。
あの、普段の知的でクールな顔からは想像もできないような、
バケモノのような、もの凄い絶頂づら・・・。
美人顔をメチャクチャ醜く歪めて、マンコ絶頂天国に昇りつめちゃう。

モナみたいに、『面長でスリムな顔立ち』
しゃれこうべ丸出しのような美女は、
だいたい、オマンコするとき、もの凄くお下劣な顔になっちゃうの。
チンポを突っ込んだ男だけが拝むことのできる、
面長美女の“セックスど変形づら”。
特に30を過ぎて、熟女の域に達すると、
その顔の歪みっぷりに磨きがかかっちゃう。
あまりにも下品すぎて、「あえぎ顔マニア」の野郎でさえ、
チンポが縮むほどの醜さ・・・。


この前、過去にオマンコした男たちを実名で書いた暴露本を出した、
40過ぎチンポ・ハンター、石原真R子なんかも同じタイプ。
確かに美人には違いないんだけど、
よく見ると頭蓋骨の形を丸出しフェイス
オマンコする時は、この世のものとは思えないような恐ろしい形相で、
男のチンポから、精エネルギーを吸い抜き取りまくるの・・・。

さて、モナのイキ顔をモロに拝んだ国会議員、
そのあまりの醜さに、100年の恋もいっぺんで吹き飛んだ感じ・・・。
普段、嫁さんとオマンコするときは、子供にバレないように、
深夜、電気を消してこっそりハメハメするでしょう?
だから、久しぶりに女の絶頂づら、しかも30過ぎの面長美女の
壮絶なアクメ顔をまともに見ちゃって、
なんだか嫌気がさしてきちゃったの。
この女、体からは酸っぱい匂いの脂汗を噴き出しまくるし、
マンコからは、クッセぇ〜“とろろ芋”を垂れ漏らして、
チンポやキンタマをヌチョベチョに濡らし汚すし、
やたらと口がクセぇ〜し、やってるときの顔がスゲぇ〜醜いし・・・

もうこれ以上、オマンコ続ける気力がなくなってきたの。

でも、ズバリこの男、修行が足りないわ。オマンコ修行不足よ。
チンポマンコのベテラン男になると、さっき書いたような、
セックス時における、『女が下品に乱れる様子』、
『分泌するセックス液』、『女体が放つ動物的な発情臭』など、
女の非日常的な姿を味わい楽しむものなの。
だから、マンコが汁を出せば出すほど喜ぶし、
臭ければ臭いほど、逆に、匂いをクンクン嗅いで楽しんだり、
顔が変形すればするほどうれしくなって、
思わず写真を撮って、掲示板に投稿したり・・・。
とにかく、女がえげつない本性を晒してくれと、
逆にうれしくなっちゃうの。
でも、この男ときたら、やたら汚いだの、
クセぇ〜だの、醜いだの・・・、文句ばっかり言って、
モナの女の部分、モナの“セックス”を、さっぱり味わってないの。
せっかく、美女とオマンコするんだから、
女体の隅から隅まで、とことん楽しまないと損だわ・・・。

この男、とにかくキンタマ・カルピスをドピュドピュして、
今回のオマンコを終了することにしたの。
図々しく上に乗ってやがるモナのデカい女体を下に降ろして、
仕上げの正常位チン入れ。
白く泡立つモナ貝の肉穴に、デカチンポをぶち込んで、
ヌチョグチョと出し入れしちゃう。
キンタマ汁を発射するための、チンポ・ピストンのラストスパートを開始。
まあ言ってみれば、女のヌメヌメ粘膜でチンポを包んでしごきまくる、
せんずりオナニーみたいなものネ。

さっきから、何度も、チン液ドピュ漏れ寸前状態だったもんだから、
マンコを30回ほどピスっただけで、もうキンタマの中のエロザーメンが、
チン先まで迫ってきちゃって、すぐにピュッピュしそうな予感。
そう言えば、勢いに任せて、生マンと生チンでハメハメしてたけど、
今日のモナが、果たして中出しピュッピュOKなのか不明・・・。

普通、オマンコする前、具体的に言うと、チン入れ直前に、
女が男に合図するのが、『オマンコ・マナー』なんだけど、
モナ、別に何も言わなかったから、
このまま、彼女のマンコのはらわたの奥に、
セックス・カルピスをドクドクと放出しても大丈夫かも・・・。
でも、分からないわ・・・。
早くチンポが欲しくて欲しくて、もう訳が分かんなくなって、
生殖メスの本能のままに、思わず
生オマンコしちゃってる可能性もあるし・・・。
または、危ない日なのに、男をだまくらかして、
チンポ汁を中出しさせてガキを孕(はら)む、
例の『必殺・工藤S香作戦』の恐れもあるしね・・・。

「そうはさせてたまるか!」と、タネ汁射精の瞬間、
モナ貝のワレメ肉から、イク寸前のロング・チンポをヌチョっと抜いて、
腐れマンコに、ピュッピュ!ピュッピュ!と
スペルマをぶっかけまくったの。
男のセックス・ミルクを、女のセックス肉に、
ソースをかけるようにぶっかけまくるの。
“マン射”しちゃうの、マン射。

お射精を何度も堪えたもんだから、
チンチン肉が、何度も何度もドクドク脈打って、
前の晩、嫁さんとオマンコして、カルピスを絞り抜かれた割には、
次から次へと、NEWカルピスが飛び出ちゃう。
だから、腐れメコ肉だけでなく、マン毛やケツの穴にまで、
スペルマをぶっかけちゃう・・・。
まるで、悪ガキがミミズに小便をかけるように、
チンポを前後左右に振って、モナ貝のあらゆるパーツに、
白い生殖オタマジャクシ液をピュッピュしちゃう・・・。

モナが垂れ漏らしまくって、泡立つまでシェークされた
濃厚白濁ベッチョ粘液と、ぶっかかったチンポカルピスのせいで、
モナ貝、もう真っ白よ・・・。
マン土手から肛門まで、男と女の合成セックス液で、
白くヌルベチョに濡れ汚れて、まさに、『やり終わった後のマンコ』、
『使った後のマンコ』って感じ・・・。
ウブな青少年が見たら、あまりのグロさにゲロ吐いちゃうかも・・・。
でも、これがセックスの現実、モナのセックスの正体なの。

(END)







芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 14

※すべてフィクションでやんす。
実在する個人・団体とは、一切関係ござらん。





♪音声合成淫語朗読 芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 14
   モナ汁、女子アナの肉アナ 6(8分22秒)



さぁ、モナが先に達して、マンコ穴が緩くなるか、
それとも、男が先にチン液をピュッピュ射精するか・・・勝負よ。
そう、チンポ・マンコ・セックスは勝負なの。
互いのチンメコ生殖器を使った、男と女のスケベぇ〜な勝負なの。

エロ国会議員、コリっとお勃起して、皮がズルムケて、
女の真珠が飛び出た状態のマンコの巨豆を、
指で、コリコリ・コリコリと、ハードにしごきまくれば、
モナ、「あぁ〜ん、いい〜、それ最高ぉ〜・・・」と
大喜びしちゃう。
と同時に、マンチョの肉穴が、さらにウニョっと締まってきて、
ちんちんを握り締めちゃう。

マンヌメ肉の射精おねだり、精液絞り抜き取りの誘惑に、
負けてたまるかと、さらに激しく腰を振りまくって、
チンポ・ピストンの速度をアップ。
絡みつくヌメ肉をかき分けて、モナマンコの中身のラスト部分、
女が感じる“セックスはらわた”まで、チン先をヒットさせれば、
「ウゲっ!オゲっ!オギョっ!んガっ!」と、
まるで、カエルの鳴き声のような、
あるいは、ゲロを吐いている時のような、
マンコの奥をチンポで刺激された熟女特有の、
超下品でえげつない変態あえぎ声を発する、
30歳の失業ニュース・キャスター、モナ山M。
今まで、チンポが小さな男ばっかりとオマンコしてたもんだから、
久しぶりにマンコ奥のはらわた部分まで愛されて、
モナ、思わず30歳の動物のメスの『野生の声』
本能のままの交尾声を出しちゃうの。

『声の仕事』をする知的な女の、信じられないような、
もの凄〜くお下劣な声・・・。
それを聴いて、チン汁ドピュ漏れ寸前の男も、思わず苦笑い。
モナの変態カエル・ボイスを、もっと聴きたくて、
エロ議員の野郎、さらに激しくチンポでマンコを
突き上げるもんだから、モナの女体、上にずり上がっちゃって、
頭をベッドの端に打ち付けるハプニングも・・・。
男にオマンコされながら、頭を打っちゃうバカ女、モナ。

でも、男も、そろそろヤバそう・・・。
あと10回、マンコをピストンしたら、
もう、ちんちんカルピスが出ちゃう・・・。
嫁さん用の愛のチンポ・ミルクを、
クセぇ〜モナ貝に絞り盗み取られちゃう。


ふと、抜き差し中のチンポ竿に目を落とすと・・・、
なんと真っ白!
モナマンコの中身から漏れ出た、濃厚なセックス交尾汁が、
ハード・チンポ出し入れピストンのせいで、
ホイップみたいに泡立っちゃって、
真っ白いマン汁シェークの出来あがり。
ムッとするような30女の肉汁の匂いが、
ぷ〜んと匂ってきちゃう。
もちろん、ケツの穴にまで垂れ流れて、モナの尻の下、
ベッチョリ濡れ濡れ。
マCドナルドやロッTリアでは、絶対に販売できない、
えげつない動物臭を放つ、どろどろマン汁シェーク・・・。






「このアマ、国会議員の俺様のチンポを汚しやがって!」と、
だんだん腹が立ってくるスケベ男。
お仕置きとばかりに、セックス豆を指でつまみ上げ、
痛いくらいにコリコリしながら、
モナ貝のワレメ穴をチンポで掘りまくっちゃう。
すると、モナ、「イキそう・・・、イッちゃいそ・・・」と、
マンコ・アクメ予告のアナウンスを開始。
オメコ・オルガズムを予告しちゃうの。
イク前に、しっかり男に伝えて、
強烈なマンコ絶頂天国に連れてってもらう、スケベ30歳。

それを聴いたバカ男、ウヒョウヒョ喜びながら、
普段、嫁さんとオマンコするときの1.5倍のスピード
チンポを抜き差しして、モナの腐れメコに交尾するの。
嫁さんのマンコより激しくおファックしちゃうの。
ヌチョヌチョ、ヌチョヌチョ・・・。
卑猥なチンポマンコ粘膜サウンドが、部屋中に響いちゃう。

やがて、「イクイクイクイク、イクぅぅう!」と、
凄い大声を張り上げて、30歳のハーフ美女が、
オマンコ昇天なさった模様。
細身の女体を、ピ〜ンと突っ張らせたあと、ピクピク絶頂痙攣。
全身から酸ぅ〜い匂いの脂汗を噴き出し、
腹筋のラインが浮き出ちゃうほどに、全力で達しちゃう。
腹筋を出しながら、お豆とマンコ内臓の、熟女ならではの
スペシャルWアクメを味わう、『欲張りオルガズム女』モナ。

「か、勝ったぞー!モナマンコに勝ったぞー!!」と、
選挙で当選した時よりも喜ぶ、バカチンポ男。
あと3回チンポをピスれば、カルピス漏らしそうだったの。
チンポ、ギリギリ・セーフ・・・。

「ウッ!グッ!ヌッ!」と、不気味な唸り声を発しながら、
なんと、1分近くも、スーパー・マンコ大絶頂を味わったモナ。
その次に来るのは、情けないほどの全身弛緩・・・。
体中の力が抜けて、軟体動物みたいに
グンニャリと弛緩しまくるモナ・・・。
まるでタコよ、タコ。オマンコ・タコ女よ。

顔を見ると、アホみたいなトロケづらになってるの。
目が半開きで白目が覗いてて、スゲぇ〜不気味・・・。
口を空けっ放しで吠えまくったせいか、
ちょっぴりヨダレも垂れてるし・・・。
まるで、薬物中毒女みたいな感じ。
ちんちんの先っちょから出る、白いチンポ覚○剤溶液が、
たまらなく好きな30女の、絶対に人様にお見せできないような、
危ないバカづら・・・。

さっきまで、チンポをウニョロロと握り締めつけていた
モナマンコの粘膜穴も、完全に弛緩しちゃって、
またもや、もの凄ぇ〜ガバガバの緩(ゆる)マンに戻っちゃったの。
まるで、水の中にチンポを出し入れしているような、
腹が立つほどのマンコの緩み具合・・・。

チンポ・カルピス・ドピュ漏れ射精を堪えて、
先に、モナをマンコ絶頂させるという目的を達成したんだから、
適当にチンポをしごいて、キンタマ汁を放って、
オマンコを終了すればいいものを、
『モナがもっと乱れる凄い姿を見てみたい・・・』という
欲が出てきて、再び、モナマンコのスケベ豆を
コリコリとしごきはじめるバカ野郎。
『国会議員にもなって、自分の手でチンポをセンズるのは、
ちょっぴり虚しい・・・。やっぱり女のマンコの柔肉に
ヌ〜ッチョリと包まれながら、メスの体内に、
己のチンポDNA汁を射ち込みたい・・・」と思ってしまう、
悲しい男の性(さが)・・・。
そのためには、今のモナのユルユル弛緩マンチョでは、
全然チンポコ気持ちよくなくて、
とても、スペルマが出そうにもないから、
さっきみたいに、豆をコリコリ・コリッチョといじって、
女の生殖穴を締める作戦・・・。






芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 13

※すべてフィクションでやんす。
実在する個人・団体とは、一切関係ござらん。





♪音声合成淫語朗読 芸能貝のクセぇ〜汁の匂い 13
   モナ汁、女子アナの肉アナ 5(8分24秒)



山本モナの洗っていない、不潔な腐れメコを、
クセぇ〜とかなんとか言ってたくせに、
ベロベロ舐めしゃぶり、仕舞いにゃ、
肛門までナメッチョしちゃう、ど変態スケベ男。
やはり国会議員の野郎にとっても、ハーフ美女のオマンコは、
プレミアムな魚貝類なの。
このチャンスを逃したら、2度と舐めしゃぶる機会がないかも。
だから、食べまくるの。珍味・モナ貝を賞味しまくるの。

ところが、ここで、フェラチオを中断していたモナが、
再び、ちんちんを頬張り、猛烈な勢いで
シャクり始めちゃったから、もう大変。
エロ議員、またもや、カルピスをドピュっと漏らしちゃいそうな予感。
しかも、モナの尺八チンポ吸い、さっきよりハードになってるの。

国会議員の先生に、しょんべんの出口や、
ケツの穴まで舐めしゃぶられて、申し訳ないと思ったのか、
それとも、フェラッチョを中断してしまうほどに責められて、
オマンコ・ベテラン女としてのプライドが許さなかったのか、
はたまた、感じすぎたせいで、もう頭ん中が真っ白になっちゃって、
セックス・メスの本能のままに、
チンポコに食らいついているだけなのか・・・。
とにかく、ハァハァとあえぎながらも、
チンポの皮を、手でシュコシュコとスライドさせながら、
ジュポジュポっと凄い勢いで口の中に出し入れして、
ベロをシュルシュルっと高速で絡めまくるという、
手マンコ・口マンコ総動員で、
ちんちんをハードに責めまくる30熟女、山Mモナ。

「こっ、こりゃいかん!もうチンポが限界・・・
海綿体弾けそう・・・。このままチンポ吸われたら、
キンタマ・ミルクがドピュ漏れしそうな予感・・・。」

そこで、チンメコ舐め遊びタイムを終了して、
いよいよ本番よ、本番。オマンコしちゃうの。マンコするの。
昨夜、カミさんのお馴染みの黒マンコに突っ込んだちんちんを、
モナの大型アワビに侵入させちゃうの。
モナガイのニク穴に、ちんちん棒をお邪魔させちゃうの。

モナ、待ってましたとばかりに、
細くて長〜い足をガバっとおっ開げると、パックリ割れたモナ貝の、
チン食べ穴がヒクヒク蠢いているのが見えちゃう。
この、卑猥なヌルヌル穴で、チンポをウニョウニョと接待して、
最後に男の精を絞り吸い抜き取るの。
まるで粘膜のお化けみたい・・・。
子供が見たら、あまりの不気味さにワンワン泣き出すはずよ。

その、チンタベアナに、チンポをあてがい、
ニュルニュル、ニュルっと挿入。
モナ貝に餌をやるの。
30女のスケベ・マンチョに、チンポを食べさせてやるの。

あらら・・・、簡単に入っちゃった〜。
あっと言う間に、チンポ竿の根元まで、マンコにセット完了。
エロ国会議員の自慢のデカマラ、
長年使い込んで、子供も産んでいる嫁さんのマンコでさえ、
ハメ入れる瞬間は、今でもちょっぴりキツいのに、
その巨根チンポマラを、ヌチョっと、スポっと、
簡単に飲み込む、モナの変態オバケ・マンコ。





スケベ議員、ちょっぴりがっかりよ・・・。
だって、チンポサイズには、かなり自信があって、
例えば、飲み屋の姉ちゃんなんかと浮気ファック交尾する時は、
マンコの薄皮が張り裂けそうなほどのデカちんで、
ハード・オマンコしてあげて、
ヒ〜ヒ〜よがり泣かせるのが楽しみなのに、
モナのマンコときたら、はっきり言って、ガバガバのゆるマン・・・。
いきなり、チンポの根元まで飲み込んじゃうし、
肝心のマンコの中身もユルユルで、
チンポが全然気持ちよくない、最低のバカ・マンコ・・・。

「・・・フン!美人でスタイル抜群の、知的なニュース・キャスター。
でも、マンコはスゲぇ〜ゆるマン・・・。
おまけに、やたらとクセぇ〜し。こいつ、最悪の女だな・・・」
などと、しっかりチン入れしてるくせに、
心の中で愚痴を言いまくるスケベ国会議員。

「どれどれ、さっぱり気持ちよくないけど、
30女のユルユル腐れベッチョにチンポコを出し入れして、
ボランティア・オマンコしてやるか・・・」と、
適当に腰振りファック交尾をしたの。
ついでに、マンコ上部に飛び出た、モナのえげつない巨豆を、
指でコリコリしごいたりして・・・。
そうすれば、ちょっとはマンコも締まるだろう・・・って、
浅はかな考え。
皮がズルムケ状態の、恥ずかしいセックス豆をコリコリされて、
気持ちよくて、「うっ!あっ!ギョえッ!おぉっ!」と、
バカみたいな声を漏らす30歳のハーフ美女。
すると、ここで、モナ貝にもの凄い変化が起こったの。

マンコの中身、マン穴の粘膜が、
ウニョロ、ウニョロロロ〜と妖しく蠢きはじめ、
包み込んだチンポ肉に絡みついてくるの。
しかも、時々、チンポの抜き差し作業が困難になるほど、
ウニュっ、ウニュっとチンポをキツく締めつけるの。
ほら、モナのクソ、硬くて太いから、
それを肛門でちょん切る作業を毎日やってるせいで、
アヌスとマンコを繋ぐエロ筋肉、『括約筋』が異常発達してるの。
だから、モナマンコの締まり具合は、超強烈。
もうチンポ海綿体が怪我しそうなほどの、
凄い締まり見せる、30女の変態エロ・ベッチョ。

あんた、想像してみて・・・。
先っちょから根元まで、チンポの全身が、
柔らかいヌルヌルマンコ粘膜に包まれて、
うにょろウニョロと卑猥に蠢きまくったり、
マンコがチンポをウニュっと握ってくるの。
女のマンコ寿司職人が、活きのいいチンポ・ネタを、
ニギニギ握っちゃう
の・・・。
もう、すぐにスペルマをドピュっちゃいそうなほどの、
もの凄い気持よさがチンポコを襲うの・・・。

スケベ議員の野郎、モナ貝をちょっぴりナメてたみたい。
これまでも、マンコがウニョロウニョロして、
ちんちんをエロ接待する特殊マンコ女を相手にしたことはあるけど、
モナみたいに、チンポの根元までパックリ飲みこんで、
全チンに絡みつくマン粘膜女は初めて・・・。

「いっ、いかん!チン液漏れそう・・・。」
ヌメニョロと粘膜が妖しく絡みつく肉壷に、
これ以上チンポコを出し入れすると、すぐに精液ピュッピュしそう。
そこで、この男、一つの『賭け』に出たの。
モナを、先にイカせちゃう作戦。
そうすれば、再びマンコが緩んでチンポへの刺激も和らいで、
お射精まで長持ちするはずよ。
ほら、女がマンコ絶頂に達すると、全身がグンニャリと弛緩して、
マン穴までもが、ダラ〜ンとだらしなく緩んでくるでしょう?
モナをイカせまくって、身も心も、アホみたいにトロケさせちゃうの。






 | HOME |  次ページ →

管理人

クモ

クモ

 
■本家サイト【 淫声 】もヨロシク。




利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

まとめブログ

月別アーカイブ

カテゴリ











close